2013年10月01日

ドラクエソード その1


今更ですが、
Wiiの「ドラゴンクエストソード〜仮面の女王と鏡の塔〜」をプレイし始めました。
これがなかなか面白いゲームなんですよね!
ピアラシティの一角にある「ワンダーグー」で2000円ほどで購入しました。


スクリーンショット (1209).png
このゲームは全ドラクエシリーズで唯一ボイスのあるゲームなんですね。
(北米ではドラクエ8もボイス付き)
グラフィックも全ドラクエシリーズで最高のクオリティー。
本当に自分が冒険しているような感覚になるので、すごく面白い。


スクリーンショット (1210).png

ドラクエといえば、まず最初にこの画面。
自分の名前を決める。
そして冒険の書を作る。
最後にちゃんと「左利き」「右利き」って選択される。

私は主人公の名前を「ミサト」にした。


スクリーンショット (496).png

で、ここからストーリーがはじまる…

セティア「その仮面を初めて見たとき、怖いと…(略)」

前置きはいいから早く進めてくれ。。。


スクリーンショット (497).png

スクリーンショット (498).png

スクリーンショット (499).png

今回はアルソード王国という1つの島が舞台なんですね。
(ちなみに、自分のブログ名はピアラシティ三郷+アルソード王国を掛けている)
この島の中にはあまたのダンジョンがある。

やはり、ソードはグラフィックがいいですよね。
ドラクエ10とか3DSもありますが、グラフィックではこの作品が一番だと思う。


自分だけかもしれませんが、あるゲームをやりながらあるドラマを観たりすると、
そのゲーム=観ていたドラマがリンクしてしまう。
例えば、ドラクエ9をやりながら相棒(ドラマ)などを見ていると
「9をやっていると相棒のイメージがある」「相棒を見るとドラクエ9を思い出す」的な。

それと同じで、このドラクエソードはピアラシティと何かマッチしてしまう。
(もちろん、世界観も風景も全然違うんだけど)
多分、ピアラシティで買ったからそのようなイメージがあるんだろう。
posted by 三郷ジェイム at 11:06| Comment(0) | ドラクエソードプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。