2013年11月27日

ドラゴンボール劇場版にあのキャラクターがっ?!


スクリーンショット (2283).png

今日、近所のTSUTAYAで
『龍拳爆発 悟空がやらねば誰がやる』のDVDをレンタルしました。
ある情報によると、この映画には”あの有名なキャラクター”が主演しているらしい?
それを確かめるべく、この映画を見た。

その前に、この映画のあらすじを紹介しましょう。

この映画のストーリーは魔人ブウ戦から数か月後の話。
地球はしばし平和な日々が続いていたある日のこと……。
謎の老人ホイから伝説の勇者が入っているオルゴールを復活させてほしいと頼まれた。
そう、これが今回の映画の騒動である。


スクリーンショット (2278).png

伝説の勇者タピオン。正体は1000年前のコナッツ星人であり、
弟のミノシアと共にヒルデガーンの半身をそれぞれ自らの身体に封印した。
だが、弟はホイによって殺されてしまった。


スクリーンショット (2267).png

今回の騒動の元凶とも言える人物。正体はコナッツ星の邪悪な魔導師の生き残り。
ヒルデガーンを復活させた張本人である。

この魔導師ホイ、あちこちで最強説が立てられている。
「魔導師ホイは超4ベジット以上の強さだった」
「魔導師ホイこそドラゴンボール最強の敵」
「ヒルデガーンに殺されたのは分身だった。本物は遥かに強い」

まさか、こんな奴が最強とは…
どうせならブロリー最強説にしてもらいたい。みんなそう思っているはず…


スクリーンショット (2281).png

今回のボスであるヒルデガーン。ジャネンバ第一形態の続く超巨大モンスター型。
このヒルデガーン、ドラゴンボール劇場版で最大・最強の敵だとのこと。
たしかにデカい。でもキモすぎる…
今までの敵はみんな悟空と同じくらいスマートで小さかったのに…


スクリーンショット (2282).png

なんと、このヒルデガーン、変身するんだって。
しかも変身後はゴ○ブリのような姿。
変身前の骸骨の方が威厳があったのに…

この時のヒルデガーンの強さはハンパなものでなく、
めちゃくちゃ強かったのである。
ゴテンクス3や究極悟飯をたった一発の攻撃だけでノックアウトさせるほど!
ベジータもやられ、フュージョンする相手がいなくなった悟空。
最大のピンチ!!


スクリーンショット (2279).png

最後は悟空もとうとうスーパーサイヤ人3に変身して、
とっておきの元気玉…かと思いきや、なんと『龍拳』という必殺技であった。
原作に出てきてない技じゃん…

そんなこんなでヒルデガーンを倒した悟空。やっぱラストは悟空がしめるのかい。


スクリーンショット (2284).png

そして最後はタピオンがトランクスに伝説の剣を渡し、タイムマシンで過去の世界へ戻る。
この剣、未来のトランクスが使用していた剣ではないか?

しかし、この剣と未来トランクスが使っていた剣を同一を考えるのは無理がある。
それは今回劇場版に登場した剣はヒルデガーンをいとも簡単に両断できるほどの切れ味。
一方、未来トランクスの剣はヒルデガーンよりもはるかに弱い18号には全く効かない。
なので、タピオンの剣と未来トランクスの剣は別物という説もある。



最後にもう一つ、
この映画には、あの有名なキャラクターが登場している。

スクリーンショット (2288).png

そう、ドラゴンクエストでおなじみのトルネコです。
超2悟空とヒルデガーンの戦いの直後に、一般人を襲う場面の右下に注目。
このシーンはほんの一瞬なので、まともに見てればわからないでしょう。

しかし、どう見てもこれはトルネコだわ…
posted by 三郷ジェイム at 11:25| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。